人生のこと

【プロフィール】お仕事人として

古い日付の投稿ですが、随時更新しています(最終更新:2020/6

こちらのページでは、お仕事人としてのこれまでの道のりを綴っています。

お仕事人のはじまり

お仕事人としてのはじまりは、同年代の仲間よりは少し早くそして濃くスタートしました。

詳しくはこちらから

【プロフィール】セラピスト/先生として古い日付の投稿ですが、随時更新しています(最終更新:2020/8) こちらのページでは、お仕事人生の中でも長年携わっている、セラピスト...

昔の美容業界は、いわゆる『師匠!』『弟子!』の世界で、お客さまの前で叱責されることも少なくありませんでした。
まるでドラマのように、トイレで涙を拭いて接客に戻るなんてこともありましたが、それが当たり前に受け継がれてしまっていたような気がします。

気がします、という何ともあいまいな表現をしているのにはワケがあって。
わたしは社会人一歩目の美容師インターンで『こころの病気』になってしまいます。

朝起き上がれない、目が覚めているのに身体が動かない。
社長の声が聞こえるだけで吐き気がする。
社長の車が店舗の前に止まる「音」が聞こえただけで、目の前が真っ暗になって立てなくなる

・・・今、文字に起こしただけでも結構ヤバかったな、と思いますが(苦笑)、いろいろあって精神的に限界がきているのに
インターン期間を終えないと(書類にハンコをもらわないと)国家試験が受けられない
それだけで、その思いだけで、自分に鞭を打ち続けてしまったのです。

次から次へと立ちはだかる「お仕事って大変」の壁

そんなこんなで(?)インターン期間を記憶なく終えたわたしは、エステティシャンになるために1年間学生に戻り、いよいよ念願のエステティシャンの道へ進みました。

その少し前、こころを病んでいた時。
いつどこで誰に言われたのか思い出せないのですが
「カウンセリングを受けるより、カウンセラーになった方が(勉強した方が)早いよ」
と、アドバイスをもらって心理カウンセリングのクラスを受講し、学生に戻ってからはカラーセラピーの勉強にのめり込んで資格もとります。

そのカラーセラピーがわたしに希望を与えてくれて、エステティシャンとしてだけでなく同時にカラーセラピストとしても働き始めることができたのです。
・・・が。
ここで「社内唯一のカラーセラピスト」であることが、自分を苦しめることになりました。
もうそのお店はクローズしているようですが、詳しくは笑って話せるタイミングがきたらブログにしますね。

その後数年間、カラーセラピスト、エステティシャンとして、美容室とエステティックサロンで多くの経験を積ませていただいたのち、施術者として上京することにしました。

天職、というものはある

セラピストとしての紹介ページでも書いていますが、施術者を経て美容学校の教員になり、『教える』という天職に出会うことができました。

そして、授業を受けもつだけでなく、担任や学校運営など数えきれないほどの幅広い経験をさせていただけたことで、『自ら動く』講師、セラピストとしてだけではなく、『支える』『調整する』『構築する』というコーディネートや運営の役割もまた、ひとつの天職であることに気づかせてもらったのです。

裏方として支えること

教員を辞め個人事業主として仕事をはじめましたが、美容業界の繁忙の波や、スクール開講の有無などの不安定さもあり、個人でお受けするお仕事以外に、学校運営やコスメメーカーの事務などを兼業することにしました。

ここでの出会いと経験が
どんな手段であれ、頑張っている人がベストを尽くせるように支えたい
得意なことはフル活用しよう
という、今のスタイルの元になっています。

この経験がなければ、PCを使いこなしたり、セラピストさんのホームページを作成したり、講師を育成したり、スクールを立ち上げる、なんていう仕事は自分ごとになっていなかったと言いきれます。

フルリモートで、パラレルワーカーで

順調にお仕事をさせていただいていると思っていた2012年、気づかぬうちに(見て見ぬふりをしていた)仕事の対人関係ストレスで体調を崩します。こころではなくて、遂にからだが壊れました。
それでも、教えること自体は楽しくて、何より休んで仕事を失うことが怖くて()、主宰の講座以外にも多くの講義を受け持ち続けたのち、
2017年に、一度『教える』という仕事を休んでみる決断をします。

まだ自分でもうまく説明することができないのですが、少しずつ手放すことができるようになったものの、どうしてもモヤが晴れず【何かに疲れた】というか
【仕事として教える】ことに、思考ではないどこかで抵抗が大きく膨らんでしまったような、そんな違和感がありました。
また教えたい!と魂レベルで思うまで、休もうと思ったのです。

とはいえ、講師業が収入の大きな柱だったわたしは、講師は月1回だけ続けるというわがままな条件があったにもかかわらず、ご縁に恵まれて兼業OKの企業に入社することができました。

働き方にもとても柔軟な会社で、客観的に見ても本当に恵まれてるなと思いますが
・兼業OK
・リモートOK
(もちろん何でもOKというわけではないですよ)という環境で、今も仕事を続けています。

そして、2020年。
また芽吹いてきた『伝え届けたい』『サポートしたい』の思いを育てながら、フルリモート&パラレルワーカーとして、心身財そろった充実したお仕事をさせていただいています。

ABOUT ME
mee.
mee.
セラピスト|サポーター ◆にこやかにすこやかに、わりと愉しく暮らしています。 ◆美味しいものと美しいものに目がない、ひよっこオバフォー(over40s) ▶▶さらなるプロフィールはこちらから