学びごと

アロマテラピーとの出会い。その2

ロフトのエッセンシャルオイル売り場で
何本ものボトルの蓋を破壊しそうになってから1年もたたないうちに
すっかりアロマテラピーの魅力に・・・
と、かっこよく始めたいところだったのですが・・・

香水
実は、わたしがアロマテラピーに惹かれたはじまりは

(*’▽’)この小瓶、かわいい!!!(大声)(心の中で)

だったのです。(香り嗅いでないじゃん)

確か、茶色と、緑色と、青色の瓶が並んでいたのですが
迷うことなく青の小瓶に完全に心奪われました。
(青といえばこんな事件もあったのに・・・こりないw)

それが、ニールズヤード。
イギリス生まれの、オーガニックコスメ・アロマやハーブなどを取り揃えたヘルス&ビューティブランドです。

(?’▽’)ん??イギリス??
(*’▽’)わたし、来年イギリス行くじゃん!!

そう、その時わたしは美容学校の海外研修でヨーロッパへ行くことが決まっていたのです!

ヘアサロンでの研修、エステティックサロンでの研修、
そしてみんなで名所を巡る観光以外は、比較的自由なスケジュール。
わたしは、同じエステティック専攻の親友Sちゃんと

ハイブランドのバッグ、買いに行こうよ!!!

と約束するのです。

・・・ニールズヤードどこいった(;’∀’)??

~~~そして、待ちに待った海外研修。(展開早い)~~~

真冬のヨーロッパ、極寒の中での行程は、
ロンドン→パリ→ローマ→ミラノ
という、なかなかのてんこ盛りツアー。

ロンドンではヘアサロン研修、パリではエステティックサロン研修が待っています。

ちなみにこれは、パリでSちゃんご所望のルイ・ヴィトン本店を出て
コーディネーターの素敵なお姉さまとグラン・パレを背に撮った1枚。

わたし(一番右)が持っている紙袋も、ヴィトンが本丸、Sちゃんのお買い物です。
っていうか、この出で立ち・・・
ハタチになりたての女子じゃないよね(;’∀’)
(今より半分以上若いのに、今より落ち着いているという軽いホラーw)

あれ?ロンドンをすっ飛ばしてパリ??とお思いのあなた、正解です。

わたしとSちゃんは
ヴィトンとグッチとプラダでの買い物が最大のミッション
だったので、イギリスではいかに
時差ボケを解消し、健康的に過ごすかだけ
に命を懸けていたのです(ヘアサロンの研修#とは)

そこで、わたしとSちゃんが何よりも真剣に考えたロンドンでの過ごし方は・・・
1)時差ボケを解消するために、ロンドンでは睡眠最優先
2)出される食事以外は、日本と変わらない(慣れた)食事を摂る
3)ニールズヤードに行って、時差ボケや免疫UPのためのアロマを買う

\やっとニールズヤードが出てきたよ!/

改めまして、ニールズヤードのお話です。


(やっぱり惹かれる青い小瓶…かわいい…)

ニールズヤードは、コヴェントガーデンというロンドンの繁華街に本店があります。
あ、ここでも目的を果たすことに夢中で写真は撮っておりません(必死だな)

ロフトとは比べ物にならない種類の青いボトルたちにテンションがあがりつつ
(;’∀’)「ラベンダー」だけで、こんなにも種類があるの・・・!?
(;’∀’)値段もピンキリじゃないか・・・こんなの、(日本から持ってきた)本には載ってないよぉぉ・・・
と、内心焦ったりしつつ(笑)

本を数冊読んだだけの頼りない知識と、つたなすぎる英語を何とか駆使して
ラベンダーにティートゥリー、レモングラスやユーカリ、ペパーミントにダマスクローズ
・・・などなどいろいろ買い込んで、コヴェントガーデンを後にしたのです。

(今思えば、もっと観光しておけばよかったよねぇ。)

時差でまだまだ睡眠不足、真冬の慣れない環境だったので、
食事はお高くても日本食をいただいて、ホテルに戻ってパリでの作戦会議。
その時は確か、ユーカリとティートゥリーを焚いていたと思います。

夜は、ホテルを抜け出してクラブへ遊びに行くクラスメイトを横目に
いや、ここで時差を直さねば。パリとミラノが我らの本丸!
という謎の使命感で、ラベンダーとローズ、ティートゥリーを焚いて寝る、齢ハタチの女子2人。

はたから見たら楽しんでいなさそうなロンドン滞在(笑)を終えて、やっとパリへ移動です!!
パリは、街の雰囲気も大好きで、唯一いろいろと観光にも出かけた場所。

でも、本丸はルイ・ヴィトン本店です(しつこい)

ところで、この辺からクラスメイトの雲行きがやや怪しくなってきました。
寒さ、乾燥、慣れない食事、時差(と興奮)による寝不足から、パタパタと体調を崩す人がでてきたのです。
引率の担任の先生は、自分も疲れている中で不調な子の看病をしてさらにお疲れ気味。

でも、わたしとSちゃんは薄々気づいていました。

「これ、インフルじゃない??」

速攻で、担任の先生の部屋にアロマを持って突撃して
ティートゥリーとユーカリ
を空いていた灰皿にドバドバと垂らし、
ティッシュにも垂らし「これは●●くん(体調悪い子)の部屋に置いてきて!」と伝え
とっとと部屋に戻って、とっとと寝る!という夜を過ごしました。

そう、まだ最終地ミラノという本丸Ⅱが残っていたからです。
今ここで体調を崩すわけにはいかないのです!!(その使命感はどこから??)

その後、ローマへ移動した私たちでしたが
バチカンでの観光、男子がジプシーに財布を取られそうになる事件、
トレヴィの泉と真実の口に着く頃に雨が降り出したけれど強行で観光へ行くクラスメイトを横目に、わたしとSちゃんと、体調の悪い友人だけがバスに残る(ミラノという本m…)
という、すったもんだを経て、

(やはり)インフルが蔓延してしまった中、わたしとSちゃんは元気にミラノ入りすることができました。

ミラノでは、わたしの本丸プラダとグッチで目的を達成し、
ただでさえホクホクしていたところ、
なんとホテルがアップグレードされてリビング付きの超快適なお部屋で過ごすことができ、
何とか看病の山場を乗り越えた担任の先生も、私たちの部屋でくつろぎまくるという
本当に大充実の海外研修となりました。(研・・・修・・・?)

そして何よりも、エッセンシャルオイルの力を身をもって体感することになり、

(*’▽’)この小瓶、ただかわいいだけじゃないな・・・(何をいまさら)

と、アロマテラピーへの興味をますます深めることになったのです。

とはいえ、コヴェントガーデンで欲しいと思った
あんなアロマやこんなアロマは、名古屋ではなかなか手に入れることができず…
なんとなく好き、という趣味の範囲を超えることなく数年を過ごすことになるのです。

クローバー

またまた長くなってしまいましたね。。。
アロマがお仕事になった瞬間のお話は、また後日^^

ABOUT ME
mee.
mee.
セラピスト|サポーター ◆にこやかにすこやかに、わりと愉しく暮らしています。 ◆美味しいものと美しいものに目がない、ひよっこオバフォー(over40s) ▶▶さらなるプロフィールはこちらから