すったもんだ

絶対にマネしてはいけない胆石共存期【絶対にマネしてはいけない、胆石奮闘記(6)】

34歳の夏。
わたしは自分の身体の大切な臓器ちゃんと、サヨナラすることになりました。

サヨナラした、いや、わたしのためにまさにカラダを張ってくれたのが胆のうちゃん(34)

セラピストとして、からだの先生として、
理屈では分かりすぎるほど分かっていたのに、
『医者の不養生(医者じゃないけど)』を地で行ってしまった、
胆のうちゃんを思いがけず早く卒業させてしまった反省が、
もしも同じ大変さで悩んでいる方のお助けになるのなら・・・
と、ブログに書きのこしていこうと思います。

が、本当にオススメできない奮闘記なので
この連載が終わるのを待ってから病院にいく!!とかないように!!それだけは、なにとぞ・・・
早いうちに、ホント、早いうちに!!ね!!!

連載目次はこちらからhttps://mee.nagoya/573/

この奮闘記は、いちアラサー女子(当時)の思い出し闘病記のため、記載の内容がみなさまにも合う内容とは限りません。
笑い話として気分をちょっと紛らわせていただいたり、お医者さまや専門家の指導の元、ひとつまみ程度参考にしていただく感じで、ゆるく読み流していただけたらと思います。
また「からだの先生」ではありますが、診察・診断・治療ができるワケではありませんので、病気について個別のご相談はお受けできかねますこと、ご了承くださいmm

第6話「絶対にマネしてはいけない胆石共存期」

セカンドオピニオンで奇跡の出会いを果たすことができたわたしですが、
ここから2か月。

わたしは引き続き、何としても胆石発作を起こすことなく、その他トラブルも起こすことなく、夏を迎えなくてはならぬ!!!という使命を背負うことになったのです。

なったのです、じゃなくて、自らそうさせてもらったんですけどね(;’∀’)

と、本題の前に。

このセカンドオピニオンより前、はじめに発作大爆発した日以降ずっと、食事には気を付けていました。

何せ、
「次、発作が来たら、死ぬかもしれないよ」4話参照
ですからね。
絶対に胆のうちゃんに叫ばせるわけにはいかないのです。

ただ、気をつける、とは言うものの。
所詮、ちょっとだけ解剖生理学に詳しいただの素人。
ありったけの知識を総動員したとて、それが正解ということではありません。

ありませんので、ここから先は【いち石持ちアラサーのラッキーなことの顛末】だと思って読んでいただけると幸いでございます。。

コンビニって・・・食べるものないのね・・・

さて。セカンドオピニオンを終えて覚悟と手術日が決まったその頃は、梅雨に入ったばかりの季節。
仕事は特に制限なく日々あちこちへ移動していたので、お昼ご飯は特に時間も場所もまちまちな毎日でした。

朝は何となく食欲がなくて、どの仕事先でも必ず近くにあったスタバで、Botのように
「ソイのココア、ホイップなしでおねg・・・はい、ホイップは全部なしでお願いします」
を繰り返し。(ココアにホイップってスタンダートなの??)(何回も確認された)
※胆石の原因によっては、ココアがNGの人もいるようなので、あくまで個人の体験です

お昼は近くにコンビニしかない場所もあるので、できるだけ陳列が豊富な時間に行くものの…
なんと脂っこい(一見そうは見えなくても油が使ってあるものも含む)(でも保存を考えると仕方ない)食べ物しかないことか!!

コンビニでは、お豆腐とサラダとお蕎麦のループになってしまいました。

今は、糖質がどうのとかヘルシー志向のメニューがたくさん並ぶようになって、いいよねぇ。と過去のわたしがうらやましがっています(笑)

いやホント、当時のコンビニは食べられるものがほとんどなかった。ツラかった。
自分のせいなんだけど、ツラかったです。

サブウェイさまさま

そんな、お蕎麦マニアと勘違いされるほどの食生活をしていたわたしの救世主。

サブウェイさま!!

野菜も多めにできますし、ドレッシングももちろん選べる、そして揚げ物やお肉を選ばなくてもメニューが豊富。
特に、良質のたんぱく質や脂質(多少は摂らないとね)が摂れる

\えびアボカド、最高/。

えびでたんぱく質、アボカドで良質な脂質。
おいしい(重要)

何度でも言いますが、自分のせいなんですよ。好きなものが好きなように食べられないのは。
でも、それでも美味しいものを食べたいじゃないですか。
そんなワガママを叶えてくれるサブウェイさまは、足を向けて寝られないくらいの存在でした。

今ならサラダメニューも充実しているし、胆石どうのに関わらずヘルシーでおいしい救世主さまですね。感謝!

まさかの!?肩こり消滅

とはいえ毎日毎食サブウェイというわけにもいかず、
精神的に緊張する日が続いていて、自分で料理しよう!という意欲は落ちていたようなこの頃。

家で作ると言っても、油は使わない、肉も脂ののった魚も食べない、炭水化物も摂りすぎないと決めていたので、
・納豆
・豆腐
・きりぼし大根
・はんぺん
・なめたけ
・ブロッコリー
・生野菜あれこれ
をメインにしつつ
・味噌
・お酢
あたりでアレンジして、しっかりといただいていました。

そう、量はしっかり速さはゆっくりと食べて、手術に向けて気分まで滅入らないように、身体も心も体力をつけるようにしていました。

そうしたらですね・・・

万年肩こり、どこかへ消えた

のです。

肩こりだけじゃなくて、むくみもなくて、月経の質もよくて、
『胆のうちゃんだけじゃなくて、いろんなところに負担をかけていたんだな、わたしの食生活(とストレス)』
ということに気づけたことは
この胆石共存期の中でも、とても大きな、とても嬉しい学びでした。

・・・まぁ、今はまたすっかり肩こりカムバックなんですけどね(遠い目)

第7話「夏、いよいよ」はこちらから

夏、いよいよ【絶対にマネしてはいけない、胆石奮闘記(7)】34歳の夏。 わたしは自分の身体の大切な臓器ちゃんと、サヨナラすることになりました。 サヨナラした、いや、わたしのためにまさにカ...

連載目次はこちらからhttps://mee.nagoya/573/

ABOUT ME
mee.
mee.
セラピスト|サポーター ◆にこやかにすこやかに、わりと愉しく暮らしています。 ◆美味しいものと美しいものに目がない、ひよっこオバフォー(over40s) ▶▶さらなるプロフィールはこちらから
Check out the blog

follow us in feedly