自分ケア&メンテナンス

その美容脱毛、本当に必要?【脱毛そのもののメリット&デメリット】

『美容脱毛』
姿をしくするために、

わかります。容姿を美しくするために、毛を脱ぎたい気持ち、わかります。

エステティシャンとしてお客さまに脱毛をおすすめし、
解剖生理学の講師として毛の役割を暑苦しく語り倒し、
いち女性としてありとあらゆる脱毛にトライし続ける、

つまり、毛に対して葛藤と迷いを繰り返し続け、恩恵も受けたこのわたしが、
脱毛そのもののメリットとデメリットをお伝えします!

毛は大事!でも美も大事!
3つのことだけチェックして満足いくお肌を手に入れましょう♪

この記事はこんな方におすすめ!
・気になる毛がある
・実は脱毛したいけど本当に大丈夫??と思っている
・脱毛を始めたんだけど、まだちょっと不安…

毛はあなたを守ってくれている大切な存在

「髪の毛は大事、でもココとソコの毛は要らない!!」

そんなワガママな話あります??
・・・あるんですよね、これが。これこそが悩みの種。

髪の毛だけでも10万本、全身で500万本とも言われる私たちの体毛。
それだけあれば、欲しいところ増やしたいところ、要らないところ減らしたいところ、いろいろあるのも当然。

でも・・・
わたしがもし、フェイスラインと髪の生え際ギリギリの毛だったら、もう日々ドキドキですよ。

いつ「顔の産毛ってない方がメイクのノリがいいらしいよぉ」なんて言われて脱退させれられるか分かりません。
常にリストラ候補・・・つらい宿命です。

でも、そんな宿命に文句ひとつ言わず、日々抜けずに頑張ってくれている『毛』って、
そもそもどんな子たちで、何をしてくれているんでしょうか。

まずは『チーム毛』の名前だけでも知ってあげよう

毛、と一言でいっても見えているのはほんの一部。

この画像のように、さまざまな場所でいろいろな役割をもって、皮膚の中で頑張ってくれています。

役割を覚える必要は全くありませんが、名前くらいは覚えてあげたいですね(すっかり自分の部下か家族のような感覚)

毛幹 :一般的に毛、体毛と呼ばれているところ
毛根 :皮膚内部にある毛組織全体のこと
毛孔 :毛幹が出てくるところ
毛球 :球状にふくらんでいる毛根の最下部
毛乳頭 :毛母細胞に栄養分を送る
毛母細胞 :体毛の元となる部分→脱毛の施術では毛乳頭や毛母細胞を破壊します
毛包:毛根全体を取り巻いている組織



毛は、一体なにをしてくれているのか

では、そんな『チーム毛』は、私たちのために一体何をしてくれているのでしょうか?

  • 外的刺激から身を守る
    毛は紫外線を吸収したり、洋服をはじめ外からの刺激が直接肌に触れないよう守ってくれています
  • 刺激をキャッチする
    ヒトの進化とともにその機能は落ちていますが、毛には知覚機能があり、外部の刺激をいち早くキャッチしてくれています
    特に髪の毛はその機能が鋭く、髪をなでられると落ち着いたりするのはこの知覚作用のおかげなのです
  • 不要なものの排泄
    体内の老廃物は汗や尿・便として排泄されますが、毛からも排泄されています
  • 体温キープ
    現代人は洋服を着るようになってその働きは退化してしまっていますが、毛包に立毛筋という筋肉をつけて連動させることで、鳥肌を立てたりしながら体温を維持しています
  • 魅力のアピール
    髪やまつ毛、髭や眉毛、デリケートゾーンなどの部位によっては、その人の魅力をアピールする役目を担っています

紫外線や洋服の刺激からの保護というだけでも、重要な役割をしてくれているのが分かりますよね。

本当に、『美』だけを理由に失くしてしまっていいのでしょうか??

チーム毛のさらなる細やかな気遣い

守るだけであれば、どんどん太く濃く長く伸ばせばいいものの、場所によって太さも濃さも長さも異なっていますよね?

毛たちは、前述したような仕事を全うするために、さらに細かな調整をしてくれています。

まずはこの画像にあるように成長と退化の中で『周期をばらばらにコントロール』する、ということ。

毛は、いつも全て一斉に伸びているわけではありません。
そんなことをしてしまったら一気に生え変わることになるので、全身が毛で覆われる時期と毛が全くない時期が発生してしまいます。

当たり前と思っていることが、いかに細やかな調整によって行われているかということですね。

知っておきたい毛周期
・毛が成長する《成長期》
・成長が止まり、抜け落ちる《退行期》
・発毛を停止している《休止期》
という3つの毛周期 (ヘアーサイクル)があり、毛の1本1本がそれぞれこの周期を持って、生まれ変わりを繰り返します

もし永久脱毛をするとしても、毛周期を無視した間隔で脱毛をしても効率が悪く、ただただ皮膚への負担とかかる費用が増えるだけ。

ほとんどの永久脱毛の場合、「今!毛を!作っています!!!」という『成長期』に合わせて処理をすることで、毛が減っていくことを実感できるようになりますよ。

部位による成長期、休止期の違い
◆髪の毛:成長期2~5年、休止期3~4ヶ月
◆まつ毛:成長期2~3ヶ月、休止期2ヶ月
◆ワキ:成長期3~5ヶ月、休止期3~5ヶ月
◆前腕:成長期3~4ヶ月、休止期3~4ヶ月
◆膝下:成長期4~5ヶ月、休止期4~5ヶ月
◆ビキニライン:成長期1~2年、休止期:1年

毛がないことのメリットとデメリット

今回は、脱毛の手法方法の話ではなく、
「元々あるものを、わざわざなくすってどういうこと?」という話なので、きちんとメリットデメリットを理解しておきましょう!

美容脱毛のメリット

  • 見た目が美しくなって、心の満足度がアップする
  • 脱毛による過剰な刺激が減って、肌触りがよくなる

これ、とっても大事なことです。

ただし、ここでのポイントは、誰かと比べることなく自分がどう感じるか、ということ。
美しさ、気分の良さは、他の人との見た目だけで決められるものではないですもんね。

そして、本当に全身つるつるにする必要があるのか、永久脱毛にする必要があるのかも考えたいところ。

おすすめされるまま、キャンペーンに乗っかるままに、大事な毛とサヨナラすることがないようにしましょう。

美容脱毛のデメリット

  • 乾燥や日焼けから守りづらくなる
  • 自己流の脱毛を繰り返すことによって、肌荒れが起こりやすい

その仕事でも書きましたが、毛は汗や皮脂とも協力して過剰な温度差や乾燥から守ってくれています。

なので、永久脱毛でゼロを目指さなくても、減ったり柔らかくなったり色が目立たなくなればいい、という場所だってあるはずです。

それでも、毛をなくすと決めたのであれば、『乾燥や紫外線などの刺激からは、わたしが責任を持って守ります!!!!』というくらいの(笑)強い決意をもってくださいね。

毛がなくなると、することが増える?

余談ですが、毛の仕事は場所によってもさまざまです。

・髪の毛:日差し、紫外線から頭を守る、脳への衝撃からの保護
・眉毛:ほこり、汗から目を守る
・まつ毛:眼球が傷付かないように保護する
・鼻毛:ほこり、ゴミが入るのを防ぐフィルター&吸気の温度を調節する
・ワキ毛:発汗作用、摩擦でワキがすれるのを保護する
・陰毛:性器を摩擦などから保護する

毛がなくなることによって、この仕事を他で補わなくてはいけなかったり、リスクにさらされる可能性がアップしてしまう、ということは分かっておきたいですね。

あ!髪の毛は大切にしたい方が多いと思うので、こちらの記事もご覧ください。

髪の老化が見た目年齢に影響する?!お手入れは早い者勝ち!髪は女の命です。 いつどこで聞いたか分からない言葉ですが、多くの女性の心にいつの間にか残っているこの言葉。 アラフォーになっては...

それでも美容脱毛をしたいときの選択肢

ここまで、毛がないことのデメリットも書いてきました。

そうするとよく「じゃあ、mee.さんは美容脱毛してないんですか?」と言われるのですが、

それとこれとは話が別!!

です(笑)

メリットもデメリットも自分の納得する形で理解したところで、それでも美容脱毛したい!
それならそれで、次のステップに進んでOKだと思っています。

その次のステップのために、簡単ですが脱毛の種類をご紹介しておきますね。

一次脱毛

・カミソリ・シェーバー
・毛抜き
・除毛クリーム、フォーム
・脱毛テープ
・脱毛ワックス  など

・費用も少なく、簡単にできる
・ある程度伸びてからしか処理ができない
・処理方法によって、長く続けることで毛が太く見えることがある
・こまめに処理を行う必要がある=費用がかかり続ける
・皮膚にも強い刺激があるため、お肌もダメージをうけやすく細菌が入る場合がある

永久脱毛

・ニードル脱毛(針脱毛、電気脱毛)
・レーザー脱毛
・光脱毛 など

・自己処理よりは費用がかかる
・方法によっては痛みを伴うことがある
・まだ歴史が浅い上に各サロンによって施術法などが異なる為、永久性に関しては正確なデータが把握できていない

そもそも・・・ですが、
米国電気脱毛協会(AEA)による永久脱毛の定義は 「最終脱毛をしてから1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であれば永久脱毛である」です。

日本では明確な定義がないものの、1ミリたりとも、1本たりとも、二度と生えてこないというものではない、という認識は持っておきましょう。

美容脱毛の種類って何があるの?どれがいいの??⇒Comingsoon

毛に敬意をこめて、美容脱毛をしよう

改めて、「今の私に美容脱毛って本当に必要なの??」と考えるきっかけになっていたら嬉しいなと思いますが

ここであらためて、美容脱毛をする前に考えておきたいことを載せておきますね。

☑ 本当に永久に脱毛する必要がある部位ですか?
☑ 毛量が減ったり、毛質が柔らかくなればいい部分ではないですか?
☑ アフターケアを自分自身で継続して行えますか?
☑ (突然毛深くなった、などの場合)まずは、なぜ毛深くなってしまったのかを把握してからにしましょう ※身体が不調のサインとして教えてくれていることもあります

そして、よし!美容脱毛するぞ!となっても、

  • 白髪になると脱毛できないって本当??
  • 子どものうちから永久脱毛して大丈夫??
  • 脱毛に適した季節ってあるの??

などなど、悩みや疑問は尽きません。

この辺りもまた、理論と共にお伝えできればと思いますが、
もし今すぐ動き出したくて待っていられない!!という方はぜひぜひお気軽にご質問くださいね^^

雑談相談なんでもLINE https://lin.ee/jt6nO7O

友だち追加*ご相談はもちろん無料です~*

『毛が何をしてくれているのか』を理解してあげたうえで、
自分に合ったタイミング&方法で満足いくお肌を手に入れましょう♪ 

ABOUT ME
mee.
セラピスト | サポートする人のサポーター ◆美味しいものと美しいものに目がないオバフォー(over40s) ◆にこやかにすこやかに、わりと愉しく暮らしています。 ▶▶詳しいプロフィールはこちら
Check out the blog

follow us in feedly