自分ケア&メンテナンス

突然ファッション迷子になったアラフォーがトータル診断で救われた話

40代になったある日、予告なくその日はやってきました。

mee.
mee.
あれ・・・持っている洋服が全然似合わない💦

祖母に「新しいものを買うお金がないの??」と真顔で心配されるほど、物持ちがいいわたし。
洋服も、年齢を重ねても着ていたいと思うものを揃えるタイプです。

そんなわたしが手持ちの洋服が似合わない!!というのは、外出したくなくなるくらいの大ピンチです。

迷子道1)骨格診断

まずはじめに「おや??」と思いはじめたのは

・Vネックのニットが似合わなくなってきた(貧相に見える)
・ワイドパンツをはくともたつきが気になる(メリハリが逃亡)

このあたりでしょうか。
上半身も下半身も、今までになかった余り感や寂しい感じが目立つようになってきたのです。

そこで、よく読む雑誌に載っていた『骨格診断』なるセルフチェックで自分の骨格がどうやら『ウェーブ』であるらしい、ということを知ります。

そこには、

「ソフト・華やか」なものをセレクトするのが正解!

と。
なんだって・・・一番苦手で一番似合わないと思っていたゾーンじゃないか・・・(´;ω;`)

第一印象がコレなものですから、もちろん取り入れる気にはなれず、
何回も何年も特集されては自己診断してウェーブになって放置。

いや、分かっているんですよ。
これでも解剖学の先生ですから、自分の肩幅がこれ以上広くならないことも脚が長くならないことも首が短くならないことも。

つまり、ウェーブの呪縛*から逃れられないことも。*個人の感想です

でも例で並ぶ写真にある、フワフワヒラリがどうしてもどうしても受け付けられなかったのです。

わたし的フワフワヒラリ(一般社団法人骨格診断アナリスト認定協会ホームページより)

迷子道1。脱出できず。

迷子道2)パーソナルカラー診断

迷子道1が抜け出せなかったわたしは、形ではなく色に救いを求めます。

さかのぼること、二十ン年前。
美容学校の授業に「色彩検定」があったこと、その後も目にする自己診断も同じ結果だっだことから、

イエベ(イエローベース)のオータムタイプ

である、という自覚がありました。


一般社団法人 日本カラーコーディネーター協会ホームページより

ただ、そのイエベオータムに合わせた今までのメイクが似合わない。
なかなか無くならないチークはあるけれど、もう似合わないからつけたくない。口紅も、また然り。

あぁ、そうか。形じゃなくて色が合わなくなったせいで洋服も合わなくなったのね。

という無駄なポジティブシンキングを原動力に、改めて自分の知識とインターネットの力を総動員させてみたものの

やっぱり、お疲れアラフォー。

もう、一体全体、自分に何が起こっているのか分からなくなって途方に暮れました。

迷子道2も、脱出できず。

このままではジョブズ道を行くしかない…

渡辺真知子ばりに迷い道をくねくねしていたわたしは、数着ある似合う×好きの洋服やメイクに頼るように。

それがちょうど1週間分くらいありそうだったので、

もうこれは「わたしジョブズと同じスタイルで生きるわ!」の姿勢でいくべきか

というところまで追いつめられていました。

でも、効率を重視するほどの仕事もしていなければ、アピールするような個性もありません。

諦めることも引き返すことも開き直ることもできなくて、好きだった洋服選びが苦痛にもなりかけていたとき
今となっては何を見たか記憶がないのですが『トータル診断』なる言葉に出会います。

「トータル診断」が舞い降りた!

トータル診断を調べていくと、パーソナルカラー診断や骨格診断の他にさまざまな手法を用いてファッションやメイクのアドバイス、果てには買い物同行までしてくれる方もいることが判明。

さらに調べて、この人だ!と思える方の予約受付開始を指折り数えて待つこと数か月。
迷子道に入ってはじめて出口が見えた瞬間です。

トータル診断=顔タイプ診断+骨格診断+サイアートパーソナルカラー診断

おおよそ半日もの時間を使って、トータルに診断してくれるその内容は
顔タイプ診断+骨格診断+サイアートパーソナルカラー診断
というとても本格的なものでした。

パーソナルカラー診断:ソフトオータム

「イエベさん向け」というファンデーションもなかなか合わず、迷走しかかっていたパーソナルカラー診断は、なんと

イエベブルベに分けがたいニュートラルタイプ

え。ニュートラルって何ですか???聞いてないよー!!
の世界です。

今回受けたサイアートパーソナルカラー診断は、
色相(イエベかブルベか)だけでなく、明度(明るさ)彩度(鮮やかさ)も同じようにみていく、パーソナルカラー迷子にはとてもオススメの診断とのこと。

実際にわたしも(顔隠したら分かりづらいんですけどお許しを)

こんな感じで、微妙な色合いを何度も確認してもらったことで、ザ・ニュートラルということが判明したのです。

mee.
mee.
青みピンクにもしっくりくる色があったのはそのせいだったのね!

顔タイプ診断:ソフトエレガント

パーソナルカラーと骨格診断で迷子だったわたしが、トータル診断で一番の期待を寄せていたのが顔タイプ診断です。

似合う服のテイストを顔のタイプから分析してアドバイスする診断方法です

という顔タイプ診断は、直線・曲線、子供・大人のマトリックスを用いて8タイプに分類され、
印象や特徴でざっと見るだけでなく、写真を撮って細かく測って導き出してくれます。

実はこれも、化粧品メーカーのアプリなどで自己診断できるのですが、顔のコンディション(笑)のせいか毎回違う結果になって、迷子道に片足突っ込んでいました。

そんなわたしの顔タイプは・・・
ソフトエレガント(大人タイプ・直線曲線MIX)

パーカーやダッフルコートはあまり似合わなくて、トレンチコートやシャツが似合うタイプです。
どんなにオシャレなスウェットを着ても、全然イケてなかったのはこのせい?!(笑)

有名人の方だと、綾瀬はるかさん、黒木華さん、仲里依紗さん、吉田羊さん、松嶋菜々子さんがこのタイプとのこと。
実は、吉田羊さんに憧れて「こんな雰囲気になりたい」と思っていたので感動です!

mee.
mee.
もっと、自分の感覚を信じてあげてよかったんだね。

・・・という確信はまだまだ続くのでした。

骨格診断:ウェーブ

さて。年単位の疑いを晴らすときがきました。骨格診断。

結果は・・・

「顔タイプに合わせてください(にっこり)

いや、ウェーブだったんですよ。実際にウェーブではありました。

ただ、洋服のラインやテイストに大きく影響するような骨格の特徴ではないのでメインで意識するほどではない、と。

つまり、ウェーブさんにはあまり似合わないと言われているデニムにTシャツでも『キレイめラインで、しっかり素材、アクセサリーや靴で女性らしく』を意識していたわたしは

\それでよかった/

のです。
スッキリ以外に適した言葉があるでしょうか?!というくらいスッキリしました!!

mee.
mee.
自分が好きなものがちゃんと合っていたということね…自分の感覚、大事!

そしてトータル診断はこれだけではなく、後日メールでアドバイスシートも届きます。

・診断結果
・わたしのパーソナルカラーの説明
・パーソナルカラーに合うドラコス、デパコス
・わたしの顔タイプの説明
・顔タイプに似合うファッションやアクセサリー、ヘアスタイル、おすすめの雑誌
・わたしの骨格の説明
・骨格に合ったファッションのテイストや意識するといいポイント
・おすすめのメガネ
・おすすめのブランド
・わたしの印象や魅力

などが、全24ページにわたって本当に丁寧に具体的に書かれていました。

骨格は変わらない、そう思うとこのシートを手にすることができただけでお得もお得!と
何度目かの感動を経て、迷子道は無事に大満足でゴールしたのでした。

お世話になった救世主、千裕さん

今回、数年にわたって迷子道をぐるぐるしては立ち止まり、いっそジョブズスタイルもありなのではと半ば自暴自棄になっていたアラフォー女子を救ってくれたのは

坪田千裕さん^^

他にもトータル診断をされている方や、カラー+骨格、骨格+顔タイプなどのサービスは多く見かけますが
サイアートパーソナルカラーを用いたトータル診断、そしてその肌色がより輝くようにスキンケアまでしてくださる方はほとんどいらしゃいません。

千裕さんは今、ご主人のお仕事の関係で千葉にお引越しされて5月からのサロン再開のために準備中とのこと。
LINEで最新のお知らせもいただけるので、ご興味ある方はぜひ!!

2021/4/28更新
千葉での新規受付もスタートされたそうです~!

オバフォー→アラフィフ→アラカンと年齢を重ねていく日々で、おや??と思うことがあっても、わたしには千裕さんのトータル診断があるからもう大丈夫です!!

着物が似合うようになってきたら『顔タイプ別似合う着物アドバイス』も受ける予定です♪

ABOUT ME
mee.
mee.
セラピスト | サポートする人のサポーター ◆美味しいものと美しいものに目がないオバフォー(over40s) ◆にこやかにすこやかに、わりと愉しく暮らしています。 ▶▶詳しいプロフィールはこちら
Check out the blog

follow us in feedly