自分ケア&メンテナンス

「チラシの裏に書いておく」を実践してみたら、心が落ち着いてきた

その昔。

ネット掲示板の中で「そんなこと、チラシの裏にでもこっそり書いて捨てればいいのに(わざわざ目に留まる掲示板に書かなくても…)」のニュアンスで

チラ裏(チラシの裏側)

という言葉が使われていました。

この言葉自体は、あまり見かけなくなりましたが
わたし自身、SNSを使っていると
「あ、これわざわざみんなの目に触れるところで言わなくてもよかったな(心に留めておけばよかった…)」
という、情動みたいなものを世界中にばらまいてしまうことがあります。

自分の投稿が目に入って…衝撃!

少なくともわたしは、仕事で強制されているワケではなく、自分の意思で使っているSNSツールですし、
いつもいつでも聖人君子のような投稿をすべき!!と言いたいわけではないですよ。

ただ・・・

意図せず、かまってちゃん風なタイムラインになっていたり
フォロワーさんが見たらネガティブを伝染させてしまいそうだったり

まぁ自由に書けばいいじゃん、見るも見ないも自由じゃん、という側面があるにしても
「わたしだったら、この人のツイート/インスタ投稿、見たくないなぁ」と、

自分で自分の投稿が目に入って、気分が悪くなることがありました(笑)

だからといって、言いたいことは消えないものです

とはいえ。
仕事やプライベート、趣味や遊びの中で、常に何の感情も動かずにいるというのは何とも味気ないですよね。

気づいたことや言いたいこと、瞬発的に生み出してしまうこと、
それらがなくなることも、そもそもないワケです。

でも、身体だって心だって、全部ため込んでおくのはよくないし、
心の便秘になったら、どんな思いだって腐敗してとんでもないことになってしまうかもしれない・・・

ということで、心の中にある思い出の小箱にすら入れたくない感情は、どうにかして成仏させてあげたいと思うようになりました。

書く瞑想『ジャーナリング』をやってみた

あまりにも瞬発的な感情が生まれていた頃、体調にも影響が出てきたので、シンプルに『瞑想』をはじめてみました。

瞑想ももちろん『グワっと感情が動く自分』に対してはとてもよい影響がありますが

「あのぅ・・・生まれてしまったんですけども・・・(;´・ω・)」

という、勢いよく飛び出てきたものの所在なさげにしている感情(笑)は、どうしてあげたらいいのかな。

そんなことを思っていたら、見つけました!

書く瞑想『ジャーナリング』

「ジャーナリング」とは、頭に浮かぶことを紙に書き出すという、ごくごくシンプルな方法です。難しいことは何一つなく、今すぐにでも始められます。

心を整えるシンプルなメソッド。書く瞑想「ジャーナリング」を試してみない? / キナリノ

深く考えず、良し悪しもつけず、思ったことを思ったがままに綴る、
誰にも見られないし、自分も見返さないかもしれないから、どこにも誰にも気兼ねなく、ただ書ける。そんな方法です。

アプリ『muute』を使えば、初心者も気軽に続けられる

そんなジャーナリング、はじめは小さなノートを使っていましたが
感情が動いた瞬間に、ノートを開いてペンを取って…は、なかなかハードルが高い。

1日の終わりに書いてみようかと思っても、過ぎ去った感情を掘り起こすのは、それはそれでしんどいし、何だかいらぬ作業のような感覚に・・・。

そこで、見つけたのがスマホアプリ!!muute!!

AIが思考と感情を分析してくれるジャーナリングアプリで

  • パスワードがかけられる
  • 質問に答えながら書くこともできる
  • 感情の見える化をしてくれる
  • 毎週、毎月、ジャーナルを分析したインサイトが届く

など、ビジュアルも使って、より自分のことが客観視できるようになります。

波が激しいなぁとか、これについてよく考えていたんだなとか
自分のことだけど他人ごとのように見ることで、次に同じような事象が起きた時に生まれる感情が変わってきました。

チラ裏=悪ではないけど、場所を選ぼう

と、いうわけで。

書く瞑想『ジャーナリング』のアプリを使いはじめて約2か月。
「おっと!しまった!チラ裏たれながしてしまった🤦‍♀️」
は、まだたまにあります(笑)

ですが、それに気づけるようになったこと、
自分の感情の波を視覚化していい意味で俯瞰できることで、情動そのものに振り回されることが減ったこと、
その効果を感じています。

チラ裏的感情を持っちゃいけない、ではなくて
それってココに書くこと??という一瞬の自問をすることで
自分にも見る人にも優しいSNSの使い方をしたいな~
という意味で、チラ裏的感情はひとりジャーナリングするのもオススメ!です☺


ABOUT ME
mee.
セラピスト | サポートする人のサポーター ◆美味しいものと美しいものに目がないオバフォー(over40s) ◆にこやかですこやかな暮らしのために、わりと愉しくすったもんだしています。 ▶▶プロフィールはこちら
Ofuse

応援メッセージ・サポートありがとうございます!

新たな学びの書籍代やちょっといいコーヒー代など嬉し楽しなこと、素敵な方々へのサポートへ使わせていただきます♪