からだのこと

だから、食べるものでも飲むものでも、『自分で勉強して』って言ってるんです。

長くなりますが。
web上の記事ってそのうち消えてしまうものも多いから、この記事が広がっていくことを願って引用させていただきつつ、わたしがライフワークとしている【(みんなのための解剖生理学)からだ寺子屋】のお話をしてみようと思います。

誰もが自分の人生を、自分のペースで、自分の考えを胸に歩んで翔んでいくために、多くのみなさんに届きますように。

樹木希林さんの瞬間芸

まずは、この樹木希林さんのお話をどうぞ。

「いやいや、大丈夫じゃないよ。あれは瞬間芸だもん(笑い)。だってあなた、舞台挨拶に行ってさ、『いやぁ、もう。ほんとに大変なんですけど来ました』って言うのなら、行かないほうがいいじゃない。人と会うとき、こうしてしゃべってるときだけ元気で、あとはぐて~んとしてるんだから、瞬間芸なのよ(笑い)。こうやってしゃべってると、おかしいね(笑い)。
でもまあ、大丈夫じゃないけど、だいたい、これ(がん)をやっつけようとかって思わないのよ。『がんと真剣に向き合って』とかも思わない。こんないい加減な感覚で生きてるから、私がお話できることはないんですよ。
まして責任がある命のことなんかに、私がそんな、あなた。私だって明日をもしれない身なんですから、無責任なことは言えないんですよ」
全身がんの樹木希林、元気なときの姿は「あれは瞬間芸」 

実は「いやいや、大丈夫じゃないよ。あれは瞬間芸だもん(笑い)」っていう方、多いんじゃないかな。
わたし個人はそれでいいと思っているけれども、お客さまの話を聞いていると「いつもいい状態でいなきゃ!」みたいな人も多い。瞬間芸はホントはダメだって、思ってる人。
でもさらに話を聞くと、ずっと全力の人って、刺激的でキラキラして見えるけれど長く深く一緒にいるには疲れちゃったり離れたくなっちゃったりする、とも言うんですよね。

話がそれましたが・・
「私だって明日をもしれない身なんですから、無責任なことは言えないんですよ」という、真の責任感。あこがれます。
講義中によく「わたしの人生じゃないから、責任とれないの。だからみんなが自力で考えられる土台をここでしっかり作ってもらえるように、脳みそ全部出すから!笑」と言っているわたしは、まさに全力の瞬間芸で思いを伝えているひとりです。

変わることが「良しとされづらい」時代

もう、自分も面白く生きてるからさ、私は。『女性セブン』の意向に沿えないのよ。沿えないっていうか、沿う気がないんだね。まあ、だいたい何でもそうだけどさ、だから、自分の本も書けないのよ。どうせまあ、考えが変わるんだろうなと思うから、自分自身に対してもね。
だから、そのときの話っていうだけで、一過性のものっていうふうに、世の中に出ているものはだいたい思ってるのね。もう、そこにいちいちかかわっていくのは、くたびれるなっていうふうに思うの。
そういうわけだから私のことは放っておいて。もう、佐藤愛子さんとか、黒柳徹子さんとか、パワーがあってさ、元気な人から話を聞いてちょうだい」
全身がんの樹木希林、元気なときの姿は「あれは瞬間芸」 

最高!!
・・・本来は、思いや考えっていろいろな経験を経て変わってもいいものなのだけど、それが良しとされづらいというか。そういうのが年々日々強くなってきている気が。

そもそも自分基準で自分発信で考えてないと、変わるも何も『泳がされていただけ』ということも多いのだけれど、
それに気づかず「前と変わったよね?!なんで?!」みたいに攻撃したり、強くて刺激的で大きい声に乗っかりがちな、今の美容健康ブームって不思議だなーと思ったりもします。

自分基準自分発信だと、考えって変わるんですよ。変わるものなんです。
だって、身体も心も魂も変わらない軸があって、その軸をたおやかにしなやかにゆらゆらさせながら、年を重ねその時々で心地よい場所を探し、変わっていく部分がほとんどなのだから。

成長の時にはその「変わる」を喜んで、そうじゃないときには「変わりたくない」って、なにそれ?って思いません??そんな都合のいいハナシあります??

いつのどこのだれにでも役に立つグリコ

「病院もそうだし、いろんな『いい』っていう話は、自分がいいと思っても、人それぞれですから。グリコの『一粒300m』みたいなわけにはいかないんですよ。だから、食べるものでも飲むものでも、『自分で勉強して』って言ってるんです
樹木希林から電話来る がんクリニックについて見解表明

きっと、みんなわかってる。
時代やタイミング、生まれ育った環境、それこそ地球なのか火星なのかも含めて【いつのどこのだれにでも役に立つグリコ】なんて存在しないこと。

でも、なんか追い求めちゃうんですよね、それもものすごく分かります。
そもそも追い求めることって人間に生まれたから楽しめる特権みたいなものだから、じゃんじゃん楽しみたいし、まして人の楽しみを奪おうなんて思っていないです。
むしろ、こんな思いを長々と綴っているわたしが一番、グリコがあると信じて追いかけたい症候群なのかもしれません。

ただ。
だから、食べるものでも飲むものでも、『自分で勉強して』って言ってるんです
ここなんですよね。
さらに言うならば、勉強って《手法・手段の勉強》のことではないのです。それは応用ステップ。

ハイハイすらしたことがないのに、突然皇居ランに連れて行かないでしょ?
離乳食すら食べられていないのに、突然カツ丼食べさせたりしないでしょ?
なのに、どうしてからだのこと、こころのことになると、はじめて会う人から勧められたカツ丼を一口目に食べようとするのか。

それはきっと「カツ丼を食べるにあたっての基礎が勝手に身についている」と過信してるから。これがカツで、これが卵ってやつで、この丼っていうのは食べちゃいけないものだ、と、いつかどこかでなんとなく知ったから。そしてそのカツ丼とやらを先に知っていた人に従っていれば、一応間違いはなさそうだから。
知らなくてもカツ丼は美味しく食べられるから。

身体のことに限らず、何のためにどこの誰が本当は何をしてくれているのか、ということを知ろうとしないで、今の自分にとって都合がいいように動いてもらおうとしている。
こころやかだらも、生物とか道徳とか学校っていう組織とか習い事とかを経て、何となくこういう動きをしてこんな風に『私の言うことを聞いてくれる』と思っている。
そんなことが増えてしまった気がしてなりません。

身体のことに絞っていえば、そんなこと(解剖生理学)を知らなくったってあなたの身体もわたしの身体もちゃんと動いてくれます。
でも、まずは自分のこころやからだが何をしようとしてくれているのか、完成したグリコを外に探すのではなくて、自分の中のグリコの材料を勉強して、それが基礎として軸として定まった上に、
温故知新の精神プラス人間の能力を最大限に活かして、今の自分に合う手段や手法を学んで使いこなしていく。
それって、今、今この時代だからこそとても必要なことだと思うのです。

「自分で勉強して」=「独学で頑張れ!」ではない

「自分で勉強して」=「独学で頑張れ!」みたいに聞こえちゃうかもしれないけれど、決してそうではないのです。
今は多くの魅力的な学び場があって、いつだって何度だって学べるし、リモートがもっと浸透すれば何処にだって行けます。

そんな今だから、
「からだの基礎、こころの基礎、ってなんのことかが分からないし、もしそこに気づいたとしてもどうやって勉強したらいいか分からない」「一度勉強したから、もう必要がないと思う(けど、このモヤっと感はなんだろう)」というみなさんに向けて
解剖生理学の理論とカウンセリング&ヒーリングの理論を通して、【自分の土台、自分のペース&スペースを確認する】ために学ぶ場所や機会、疑問や不思議を解消できるアイテムを届けること
が、わたしにできることで、やりたいことで、お役目なのだなと感じています。

古き良きものも最新のことも基礎も応用も、1回でバチっと決められるワケがない上に、希林さんの言葉を借りると
「どうせまあ、考えが変わるんだろうなと思うから、自分自身に対してもね。」
の精神なので(笑)、続けて会えたり、いつでも聞けたり、脳みそアップデートできる、そんな場を広げていきたいな、と。

2012年からコツコツと続けている【からだ寺子屋】は、まさに自分の基本を自らの意思で勉強できる場所だなぁと自画自賛しますが。
寺子屋をじゃんじゃん利用して活用して、踏み台にして(笑)自分の人生を自分のペースで、自分の考えを胸に歩んで翔んでほしいです。こころから、そう思っています。

ABOUT ME
mee.
mee.
セラピスト|サポーター ◆にこやかにすこやかに、わりと愉しく暮らしています。 ◆美味しいものと美しいものに目がない、ひよっこオバフォー(over40s) ▶▶さらなるプロフィールはこちらから