はたらく

ヒーリング、という怪しいお仕事について改めて考えてみた。

ヒーリング、という怪しい仕事について

「ヒーリング」というメニューを扱っていると、結構いろんなことを聞かれたりします。多分、怪しいんでしょうね。

怪しさ満点のはずなのに、あっけらかんと「遠隔でやってますー」なんて言っているのはなぜなのか、とか。
怪しさは何も解消されていないけれど、でも解剖生理学の先生がやってるわけだから、きっと何かしらの理論があるんだろう、とか。
多分、そんなところだと思います。

それは、薄々というかハッキリ感じています(笑)

実のところ、ヒーリングは怪しいのか怪しくないのか

怪しいか怪しくないかって言ったら、それは人それぞれで、別にずっと怪しいと思ってたっていいと思うのです。

怪しいなー怪しいなーって思いながら惹かれてみたり、やってもらったりやってみたりしてもいいと思いませんか?
稲川淳二が毎夏毎夏「怖いなー怖いなー」って言いながらそんなところに行っちゃう、みたいなのと一緒です、多分(笑)

ちなみにわたし個人は、定期的かつ継続的にヒーリングでメンテナンスをしてもらっている一人ですが、
「そうですね、ヒーラーとはいえ同じ人の子ですし・・・」とか、明確に説明できることなんかはなくて、
相性の合う人にヒーリングを施してもらうとホッと安心したりフッと軽くなったりするから。単純に好きなんでしょうね、ヒーリングそのものが。

ヒーリングにおける、相性って何なのか

対面で施術したり講義をしていると、相性の話もよく聞かれるのですが
ヒーラーとの相性、そして、世間にあまたあるヒーリング手法との相性って、あります。
しかも今日バッチリ合っても、何年か経ったら何か違うなってことも、あります。
なんなら明日、感覚が違うことだってあります。

例えるならば…
どこの電力会社(エネルギーの大元)から電気(パワー)をもらっているか、でしょうか。

西に引っ越したら西の電力会社から電気を分けてもらうし
東に引っ越したら東の電力会社から電気を分けてもらうし
今の時代なら自家発電をしたり、電気のない暮らしだってできる。
だからと言って、どれが良いも悪いも、優れているも劣っているもないですよねぇ。

そして、電気だったら何でもいい、いつでもいいワケでもなくて
環境や相性の違いもあるし、静電気のようにタイミングと状況が合わない時だってあるし、刺激的な流れが起きることだってある。

なにより、
「えぇぇ!?あなた●●電力から電気ひいてるの??あの電力会社はうんぬんかんぬん・・うちの方がいいわよ!」
とか、言わないですよね?(笑)

今は●●電力のパワーをもらってるのが心地よい~
今はどこかから電気をもらわなくても大丈夫!
自家発電で余ってるから分けてあげられる!
相性ってそういうもので、それでいいと思うんですよね。

遠隔でヒーリングするということ

ヒーリング自体は
「痛いの痛いのとんでけー!!」や「お前ならできる!大丈夫だ!!」で、本当にそうなっちゃう、アレと同じイメージでいいんじゃないかなと思います。

遠隔でも対面でも同じなのですが
「気があう~^^」とか「何かこっちは行きたくない・・><」とか、そういう風に感じる、アレ。
その感覚を研ぎ澄ませて相手に意識をぐぐっと向けていくと、何となく理由なく分かることってありますよね。

お子さんがいらっしゃる方は思い当たることも多々あるんじゃないかな、と思いますし
みなさんも親御さんやお友だちから「え!?なんで私が欲しいものが分かったの?」みたいなギフトがたくさんあったと思います。

遠隔では特に、その意識をお互いに向け合ってみる感じでしょうか。

昔話ですが、名古屋でニッポン放送(東京のラジオ)が聴きたくて聴きたくて、アンテナの向きぐるぐるさせたりアンテナ握ったり(笑)、一生懸命その情報を拾おうと頑張ってたんですけども。
ラジオを聴くときに地域が違うと、なんとなく音は入るもののザーザーとした雑音の方が大きくてクリアには聴こえない、ということありますよね?
リスナーには聴く気もあるし、パーソナリティには届ける気もある。なのに雑音が混ざるとホントのところがうまく聴こえない・・・
だから「地域を合わせて」「この周波数」で「この時間」に待ち合わせを、する。

(わたしがメニューにしている)遠隔ヒーリングって、まさにその感覚です。こんなところでヲタク気質が大いに役立っています(笑)。
そしてradikoの素晴らしさには感動しまくっています(話が違う)

ま、とはいえ誰だってヒーラーです

ヒーラーじゃないとヒーリングできないとか
高額なセミナーを受けないとヒーラーになれないとか、
いろいろ見聞きするとは思うのですが。

さっきも書いたとおり、日常に
「痛いの痛いのとんでけー!!」や「お前ならできる!大丈夫だ!!」で本当にそうなる、みたいなことは溢れているし、
そもそもエネルギーは誰かのものでもないし、誰だってヒーラーで誰だってクライアントなんですよね。
落ち込んだ時に何も聞かずに傍にいてくれるだけで安心できる人がいる、あの感覚がまさにヒーリング。

ただ、雑音の中からクリアに音を拾うコツとか、●●電力さんと仲良くなっておくための事前のご挨拶とか(笑)、そんな方法は知っておいても損はないと思います。

何より、このブログをここまで読んでくれているということは、ポジティブネガティブどちらの印象を持っているにしても興味があるってことで。いやよいやよもスキのうち、です♡
自分の肉眼で見えない(と、ほとんどの人が言っている)ことを扱っているからって、やみくもに疑ったり穿ったり、否定したり眉唾する必要もないんですよね。

そしてこれは何にでもあてはまる話ですが、一度持ったその印象をずっと持ち続ける必要もありません。

小さい頃はちっとも美味しくなかった「しいたけ」の旨味に、大人になって気づくことだってあります。
そんなように、
しいたけを美味しいと感じている人は存分に楽しめばいいし
しいたけを不味いと言ってる人を無理に説得する必要もないし
しいたけを美味しいって言ってたけど思えなくなっちゃったでもいいし
しいたけまずいって言ってたじゃん!!って変化した相手を拒否する必要もないし(権利もないし)

だから「あ、今の私はそこに興味があるってことなんだな」と、自分を受け入れてあげることこそがヒーリングの真髄で、(職業としてではなく役割としての)ヒーラーの第一歩なんだろうな、と。
そんな風に思うわけです。

いつか、マッサージや美容院と同じように、家族で肩もみするのと同じように、もっともっと気軽にヒーリングをしたりされたりできるようになったら、いいなぁ。

あ。最後に手前味噌ではございますが。
わたしのヒーリングはこんな気軽な感じでやっておりますので、よかったら。

ABOUT ME
mee.
mee.
セラピスト|サポーター ◆にこやかにすこやかに、わりと愉しく暮らしています。 ◆美味しいものと美しいものに目がない、ひよっこオバフォー(over40s) ▶▶さらなるプロフィールはこちらから