自分ケア&メンテナンス

除湿機のススメ【雨頭痛・低気圧不調の救世主】

昨年から本格的に漢方/中医学を学びはじめ、自分の身体の中に溜まっている余分なものや足りないものへの意識がより高まるようになりました。

そんな中で、わたしを長年苦しめていた

・雨頭痛
・低気圧不調
・身体の重だるさ

を引き起こす「余分なもの代表」が分かったのです!

余分なものの代表【湿】について

とにかく湿気の多い季節には、心身のテンションがあがらないことが多く
「でもまぁ、みんなそういうものだろう」
と思いこんでしまうこともしばしば。

でも、むくみは気になるので、食べものやコスメなど手を変え品を変え中から外から対策するものの、どうしてもスッキリしない感じが続くどころか年々抗えなくなってきました。

雨が降る前の日には、頭痛が始まるし(降れば治るのでほったらかし)
お通じの様子もいつもとは違ってくるし(基本スッキリしない人だから気にしてない)
まぁ、そんなものだろうと思いつつ『よくはない』ことは気づいていたのですが・・・

そのベタベタ、だる重の原因は身体の中に溜まった余分な湿(水分)だったのです。

それが分かれば話は早い。
まずは外からの湿をコントロール!ということで

除湿機を買いました。

すると、なんということでしょう!
エアコンの除湿機能って何だったの??というほどの快適さ!!
エアコンの除湿機能だと、ただただ冷えて辛いだけだったわたしには驚きの感覚です。

除湿機を使うようになり、まず身体のずんとした重みを感じる日が減り、そのうち気持ちもさわやかになりました。

雨の前に起こっていた頭痛も、あらかじめ除湿機を回しておけばひどくならず、もちろん薬のお世話にはなっていません。

【湿】以外も分かった原因

その後さらに、中医学の世界にどっぷりハマり、
実はわたし自身が、もともと【脾虚】だったということを知ります。

消化吸収をつかさどる【脾】。
【脾】の機能が弱いと、津液(身体に必要な液体)の動きが鈍くなる。

梅雨は外からの『湿』がとんでもない量になり『湿邪』として、誰しも心身の調子が狂いがちです。

そんな季節は、もともと体内の水コントロールが得意じゃないわたしにしてみると
「ちょっと待ってくださいよ・・・中のこともままなってないのに外からも攻めます(´・ω・`)??」
という現象になるのは当然ですよね。

脾虚については幼少期からのベテラン選手なので、じっくり取り組んでいる最中です。

除湿器って、みんなに必要

そんな中、中医学の勉強でお世話になっているなおみん先生が、こんなツイートを。

やはり、除湿するって大事。
なおみん先生は『現代の養生法』とおっしゃってますが、本当にそうだなと感じます。

人間の身体って、この数百年で大きく変わったとかはないんですよね。

でも環境が驚くほど変化して、自分のひいおじいちゃん、ひいおばあちゃんの世代にはなかったもので溢れている。
身体はついていけなくて、でも頭は学習して快適を求めていくから、何となく現代に染まっていく・・・それはそれでいいと思います。わたしも無理せず快適がいいです♪

だからこそ、人間の身体のもともと持ってるポテンシャルや性質と現代の環境や状況を掛け合わせて、自分なりその時なりの快適をさぐっていけるといいですよね。

梅雨時に身体がどうしても重くなったり、音で表すなら『ベタベタ』『ダルダル』『グダグダ』した心身になってる自覚がある人には、除湿機おすすめです。

ABOUT ME
mee.
セラピスト | サポートする人のサポーター ◆美味しいものと美しいものに目がないオバフォー(over40s) ◆にこやかですこやかな暮らしのために、わりと愉しくすったもんだしています。 ▶▶プロフィールはこちら
Check out the blog

follow us in feedly